★インフォメーション★

人口が増加し続けるアフリカでは、人口の3分の1が貧困ライン以下の生活を続け、その大半は女性と言われています。
 
国際ソロプチミストは、これまで日本が所属するアメリカ連盟のほか、ヨーロッパ連盟、グレート・ブリテン&アイルランド連盟、サウス・ウエスト・パシフィック連盟の4つの連盟に世界122の国と地域の約72,000人の会員が所属し、地域と世界で女性と女児の生活向上のための活動を行っておりましたが、このほど、アフリカ連盟が誕生。ソロプチミストによって設立された慈善団体であるジンバブエのチャイルドラインの創設委員会メンバーでもある、SIババツィリ(ジンバブエ)のConnie Mutunhuが初代会長に就任しました。
 
ソロプチミストは、今後も世界中の会員と手をたずさえ、地域と世界で女性と女児の生活向上のための活動を行ってまいります。

6月10日に開催されたかごしま犯罪被害者支援センター総会に出席しました。

鹿児島クラブは、かごしま犯罪被害者支援センターの設立に尽力し、設立当初より、共に活動を続け、毎年、会員が理事も務めています。
総会では、昨年6月に性的被害者専用の相談拠点「性暴力被害者サポートネットワークかごしま(通称フラワー)」が開設されたこともあり、昨年の相談件数は前年より29件増の1009件で、そのうちの399件が性被害に関する相談と最も多く、約40%を占めていることが報告されました。

鹿児島クラブでは、被害にあわれた方々の「自立支援基金」を立ち上げているほか、フラワーの支援活動なども行っており、今後もセンターと協力して活動を行ってまいります。

■かごしま犯罪被害者支援センターでは、被害にあわれた方やそのご家族の方などのお話を伺い、思いや悩みを、電話相談や面接相談でお受けしているほか、弁護士・臨床心理士などの専門家とも連携しており、法律相談や心理カウンセリングなども受けることができます。

■相談専用電話
*かごしま犯罪被害者支援センター
099-226-8341(やさしい)

*性暴力被害者サポートネットワークかごしま
099-239-8787(はなはな)
一人で悩まずご相談ください。

5月に保育園協会等へのマスク贈呈を実施したご縁でMBCラジオ「たんぽぽ倶楽部」の「海童が行く」のコーナーに、鹿児島クラブの会長ほか5名が5日間(6月8日~12日)にわたり、日替わり出演し、様々な角度からクラブの活動をPR致しました。

マスクを贈呈した鹿児島大学留学生の皆様、母子支援施設の保育士さんからお礼が届きました。

マスク贈呈先からお礼

家庭の事情で休学を余儀なくされた2019年度の「夢を生きる:女性のための教育訓練賞」のクラブ賞受賞者が、夢を諦めずに済むようにと追加の支援を実施しました。

「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」は、家族に対して主な経済的責任を負いながら、夢の実現に向かって専門学校、大学、短期大学(大学院を除く)、職業・技能訓練校で学ぶ女性を応援するもので、鹿児島クラブが所属する国際ソロプチミストアメリカ連盟では1972年以来多くの女性の夢を応援しています。

鹿児島クラブでは、毎年、ご応募いただいた方の中から1名の方にクラブ賞と副賞として10万円。進級時と資格取得時には、お祝いをお贈りし、受賞者が夢を実現する日まで見守り、サポートをしています。

来年度(2020年7月~)の募集につきましては、詳細が決まり次第、WEBサイト等でご案内いたします。

コロナウイルス感染防止のための緊急支援~マスク贈呈

子どもたちのために最前線で働く保育士に役立てもらおうと鹿児島市保育園協会に使い捨てマスク3500枚と会員らの手作りマスク100枚を贈呈しました。

これは、子どもたちの排泄物や吐しゃ物等も扱う保育士にマスクが十分に行き渡っていない現状を知り、役立ててもらいたいと贈呈したものです。なかには会員の手作りの子ども用のマスク等もあり、「入手の難しいマスク、とりわけ子供用のマスクはとても嬉しい」と喜んでいただきました。 続きを読む…

今年度の「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」のクラブ賞が鹿児島医療福祉専門学校看護学科の学生に決まり、学校で表彰式を行うことになりました。

「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」は、家族に対して主な経済的責任を負いながら、夢の実現に向かって専門学校、大学、短期大学(大学院を除く)、職業・技能訓練校で学ぶ女性を応援するもので、鹿児島クラブが所属する国際ソロプチミストアメリカ連盟では1972年以来多くの女性の夢を応援しています。

来年度の募集につきましては、詳細が決まり次第、WEBサイト等でご案内いたします。

国際ソロプチミスト鹿児島・フレンドパーティー開催

新会員リクルートのために今年度は、会員が講師となり、クリスマスリース作りを開催。6人のご参加者は、個性あふれる素敵なリースを作り、アフタヌーンティーを楽しんで下さいました。
ソロプチミスト活動をDVDで紹介、理解を深めて頂きました。 続きを読む…

犯罪被害者支援フォーラム2019in鹿児島

2019年11月28日(木)に開催されたフォーラムを後援しました。

絵画コンクール表彰式に続いて、今年は、世田谷一家殺人事件ご遺族の入江杏さんを講師におむかえし、「悲しみを生きる力に」と題して愛する妹家族を失い、いまだ未解決の中で、現場の自宅を取り壊されることになった苦悩や支援のあり方などについてご講演いただきました。 続きを読む…