国際ソロプチミスト鹿児島
Japanese English

国際ソロプチミストとは
ビジョン
使命と中心的目的
国連との関係
国際ソロプチミストの語源
国際ソロプチミストの紹介

■国際ソロプチミストとは  
国際ソロプチミストは、実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際組織で、地域社会と世界中で女性と女児の生活を向上させる活動をしています。約95,000人のソロプチミストが、120以上の国と地域で地域社会を基盤とした女性と女児のためのプロジェクトに時間と財政支援を提供しています。

国際ソロプチミストアメリカは、米国の501(c)(3)慈善組織で、ペンシルバニア州、フィラデルフィアに事務局があります。
Ann Garvie国際会長

主要プロジェクトは、「夢を生きる賞:女性のための教育・訓練で、さらに教育や訓練を受けることによって経済的な地位を高めることを目指している女性たちに助成金を授与しています。1972年以来、このプログラムでは22,500人以上の女性たちに約1,500万ドルの賞金を授与しています。




■ビジョン    

女性と女児の生活向上に取り組む、全ての実業界で活躍する女性、専門的職業を持つ女性によって選ばれたボランティア奉仕団体となる。 私達の社会を豊かにするために、時間、才能、財源を分かち合います。私達は共に、次のことを行います。

* 女性と女児の生活を向上させる
* 女性が、経済的平等と政治的平等を達成するのを助ける
* 女性のグローバル・ボイスの役目を果たす
* 女性のための優れたリーダーシップ開発の機会を提供する
* 世界の平和と理解を高める




■使命と中心的目的   

地域社会と世界中で女性と女児の生活を向上させること。



■なぜ女性と女児?   

この目標を1921年の発足以来掲げているのは、女性と女児が私たちの助けを必要としているからです。男性も女性も、男児も女児も、貧しい生活をし、差別に直面し、困難を克服しなければならないことはあります。けれども、歴史的に見ると、世界中どの国でも、女性と女児は、女性であるというだけの理由で更に大きな困難や差別に直面しています。



■国連との関係

国連の経済社会理事会に諮問資格を持つ数少ない女性のNGOです。

米国ニューヨーク国連本部で、2006年2月29日〜3月5日に開催された「第50回CSW(女性の地位委員会)」・NGO会議(優先テーマ:意思決定への男女平等参画)、またリン国際会長が主催したワークショップに国際ソロプチミスト鹿児島会員が出席しました。

NGOの会議では、様々な国の代表によって女性が直面している問題と解決への努力を聞き、多くのことを 学ぶことができます。


米国ニューヨーク国連本部
国際ソロプチミスト鹿児島会員が出席
国連女性の地位委員会
出典:国際ソロプチミストWebサイトより
鹿児島クラブの会員が出席



■国際ソロプチミストの語源  

ラテン語で姉妹・女性(sister/woman) を意味する “soror” 、最良(best)を意味する “optima” から由来しています。 SOROPTIMIST、すなわち 「女性にとって最善 ― the Best for Women」という意味です。





 
Copyright (c)2007 SOROPTIMIST INTERNATIONAL OF KAGOSHIMA. All Rights Reserved.